免震について考える1

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回から村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、免震についてのアレコレさまざまなことです。

近年でも大きい地震が相次ぐ、世界でもまれに見る地震大国、私たちの住むこの日本において、

地震による建物が受ける被害をなるべく小さくしようとする試みというのは、非常に重要なことです。

なので、ぜひ免震について知っていただきたいと思います。

全五回を予定していますのでよろしくお願いいたします。

まずは、初歩的な話。基本中の基本。免震とは一体何か?

耐震という言葉はよく耳にしますが、免震と聴いてもあまりピンと来ない方もおられると思います。

免震とは、構造設計、その中でもとくに建築構造のひとつの概念であり、

一般的には、建物が地震により揺れているときに、その揺れが一往復するのにかかる時間を伸ばし、

地震によって建物に働く力を抑制することによって、その建物の破壊を防止することを意味します。

つまり、イメージ的には地震の揺れを直接的に建物には伝えず、地震を受け流してしまうといったところです。

ここで、ちょっと気になるのは耐震とは一体何が違うの?ということです。

耐震と免震の違いを、大雑把にまとめるとするなら、

耐震とは、耐えるという字を見てもわかるとおり、地震が発生したときでも地震に耐えることを指し、

免震とは、免れるという字を見てもわかるとおり、地震の揺れををなるべく受けないことを指します。

耐震は、地震によって建物に働く力を受けたとしても建物が破壊されないことを意味します。

建物自体を強くすることにより、地震が発生したとしても建物を倒壊させず、

そこにいる住人が安心安全に避難できることを目的とした方法です。

耐震についての詳しいお話は、また別の機会にこちらのブログでさせていただきたいと思っております。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.02.19 | 新着情報

2019.2.13 F様邸のリフォーム工事

村瀬建築の大工施行部、堀です。
2019年が明けたと思ったら早くも二月も終わろうとしています。今が寒さのピークです。もう少しの我慢ですね。
今回は私、堀が前回ご紹介したF様邸のリフォーム工事の続きの様子をお知らせします。
F様邸では内部の床張増し工事と同時に昨年の台風による、軒裏の補修工事と母屋の横にあるポリカの屋根と囲いの修理も行いました。
材料がなかなか手に入らなくて工事が出来なくて、ご迷惑をおかけしましたが何とか終わらせる事が出来ました。
 

 

 
修理が終わった屋根と壁の様子です。
 

 
軒裏も新しく張替ました。本格的に寒くなる前に外部の工事を終わらせる事が出来て一安心、雨や雪が降っても安心していられます。
 

 
キッチンの床の様子です。
 

 
玄関の様子です。
 
床の段差が解消されバリヤフリーになり大変喜んでもらえました。
喜んでもらえると工事のしがいが有り嬉しくなります。
こういう仕事が出来ることに感謝をしてこれからも頑張って行きます。
まだ寒さが続きますので断熱工事・省エネリフォームやリノベーション工事等をしてみませんか?
その時は村瀬建築を宜しくお願いします。

2019.02.13 | 新着情報

村瀬建築の新築住宅とは5

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、こちらのブログでお話させていただきたいのが、村瀬建築の新築住宅とは?というお話です。

全五回にわたって、村瀬建築さんの新築住宅について、

アレコレさまざまなことをお話させていただきたいと思っております。

村瀬建築さんは、「お客様に満足していただける住まいをつくる」をモットーとし、

会社をあげ、家づくりに夢と誇りを持ってお仕事に取り組んでいらっしゃます。

今回は村瀬建築さんが掲げてらっしゃる安心の施行について詳しく

お話させていただきたいと思います。

現在、多くの建築業者は木造住宅を建築する際に、

木材販売などをしているプレカット工場で、すでに加工されている製品を買い、

それを使い家を建てることがほとんどなのですが、

村瀬建築さんでは、そのような既製品を使ったり外注を頼んだりせず、

大工職は全て村瀬建築さんで手仕事で行うことをこだわりとしております。

機械ではできない繊細な加工を得意とし、特に古材利用など、

大工でないとできない細部まで気配りの効いた仕事をご提供されております。

しかし、既製品や外注に頼ったほうが簡単だし手間が省けますよね。

なぜこのようなこだわりを持っているのか?

それは、将来的に大工職を育成する為にも、

手仕事を残していきたいという村瀬建築さんの考えによるところです。

140年以上の長い歴史を持つ村瀬建築さんならではの、長い目でものを見たこだわりなのですね。

またそれだけではなく、村瀬建築さんでは、

「いつ・どこで・だれが・どのように」生産し、流通したのか明確化しております。

いわゆる地産地消を目標にしているため、木材は地元岐阜県産材などを使用することが多く、

生産者から直接買い付けているので、必要であれば流通経路を把握することができます。

そしてこの生産者からの直接買い付けには、お客様にとってもうひとつのメリットがあります。

通常では生産者から小売店に行き、小売店から建築業者が仕入れるという流れなるわけですが、

村瀬建築様では生産者から直接買い付けているために、小売店をとおしていないわけです。

つまり、小売店を介在していないのでその分安く木材を仕入れられるため、

その分お客様の建築費用が安くなり負担が小さくなるということです。

流通経路を把握でき、なおかつコストも安くなるのは一石二鳥でありがたいですよね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.02.12 | 新着情報

2019.2.8 方針発表会

こんにちは 村瀬建築の船戸です。
今回は博和会の方針発表会の状況についてお話していきます。
平成31年の博和会方針発表会は、じゅうろくプラザで行われました。
博和会親睦運営委員の栗本さんの開会宣言で始まります。
 

 
博和会会長の㈲ヤマダカンパニーの山田会長の挨拶。
 

 
村瀬建築 社長による今年の方針発表
今年のは『自立』を活動目標にして行っていきます!
 

 
安全担当委員の丸武産業㈲藤田さんによる工事安全注意事項について
今回安全担当委員の藤田さんから『災』をテーマに現場での注意事項のお話をしていただきました。
 

 
今回の方針発表会ではインフルエンザで欠席させている方がおり、欠席させている方もいましたが、皆様は大丈夫でしょうか?
僕は、元旦から風邪をひいてしまい完全な寝正月になってしまいました(笑)
新しい年になり断熱工事をして暖かく過ごしたいという方や、バリヤフリーにして家の段さ等を無くしたい方やリノベーション・リフォームを考えているという方はお気軽に 村瀬建築に電話又はメールで連絡をお待ちしています。

2019.02.08 | 新着情報