免震について考える2

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回から村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、免震についてのアレコレさまざまなことです。

近年でも大きい地震が相次ぐ、世界でもまれに見る地震大国、私たちの住むこの日本において、

地震による建物が受ける被害をなるべく小さくしようとする試みというのは、非常に重要なことです。

なので、ぜひ免震について知っていただきたいと思います。

全五回を予定していますのでよろしくお願いいたします。

免震とは建物とその基礎の間に免震装置を組み込み、これによって、

建物を地盤から切り離し関係をなくすことで地震の発生時に揺れを受け流してしまい、

直接的な地震の揺れを建物に伝えない工法です。

耐震、免震、制震などの対地震技術の最大の目的は、やはり予測不能の大地震の際に、

私たちの命や財産にあたえる被害を最小限に防ぐことです。

しかし免震技術の場合、たとえ小さな地震であったとしても、

その建物の種類や使われている目的によっては、揺れを最大限おさえるために導入されたりもします。

とくに精密な機械や部品などを製造している工場などにおいては、

たとえ小さな地震であっても、それによって繊細な作業を要する製品の製造に、

支障をきたしてしまえば、まるで使い物にならなくなってしまうこともあります。

なので、政府が発表しているデータにおいて大地震の発生するおそれがほとんどない地域であっても、

工場に免震技術を施すことで、製品の不良率を下げていることがあります。

また、建築物のほかにも免震技術はあらゆる方面で応用されていて、

機械や設備に免震性能が要求されるなんていう事例もあります。

インターネット用のサーバやデータ通信、固定・携帯・IP電話などの装置を、

設置・運用することに特化した建物であるデータセンターでは、

何かの衝撃を受けた際のデータ損失を避けるために、サーバマシンに免震技術をつけることが多いです。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.02.25 | 新着情報