今後も長く付き合える関係でいたい

今回は東山様に取材をさせていただきました!

―ではまず最初に、ご依頼者である東山様と村瀬建築さんが知り合ったきっかけをお伺いしたいと思います。

私の在所(生家)の家を村瀬建築さんに建ててもらいまして、そのご縁で、今住んでいる家についても村瀬建築さんにお願いしました。この家を建てたのは平成8年なので、現社長との関係は20年くらいになりますね。

―お仕事されているとき、相談にのってもらえるとき、東山様はどのような印象を村瀬さんに対して持たれましたか?

印象はとても良いものですよ。1つずつ対応を丁寧にしてもらえましたし、村瀬建築さんに何か相談をした時も、はっきりと『こうした方がいいですよ!』と明快にご提案をしていただけましたしね。また、見積りに関しても、不透明なところがなくて、きちんとしたものを出していただいたので、総合的に考えたら、ほんと村瀬建築さんにお願いして良かったと思っています。

―工事が終わった後の村瀬建築さんのアフターケアはどうでしたか?

そうですね、お父様の代はおそらくお仕事がとてもお忙しいようでしたので、なかなか村瀬建築さんと交流をもつ機会に恵まれなかったんですが、世代交代して現社長さんになってからは、村瀬さん自らが忙しい合間にも、わざわざ私の家まで挨拶回りをしてくれるので、とても嬉しく思っています。その他にも、カレンダーとかハガキとか、行事のお誘いとか、非常に細かく気を使って親しくしてもらえているので、何かあったときには、すぐに村瀬建築さんにお願いできるような関係性が作れていると思います。

―お家に何かあったときにはすぐに対応してもらえるということですね?

そうです!困ったときには、村瀬建築する電話するだけで、すぐに色々と手配していただいて対応をしてもらえています。なので、ほんと感謝していますよ。

―工事を依頼するときに、東山様に対してなにかこだわり等を伝えられましたか?

うーん、私が要望をするというよりか、村瀬さんから積極的に提案してもらえたという印象ですね。例えば、廊下の板がめくれたときに、はじめ1か所だったのが、2か所、3か所と増えていって、最終的には5か所くらいに増えちゃったんですね。それで、村瀬さんに電話をかけて、『どうすればいいやろ?』と聞いたら、『すぐに見に行きますよ!』と、即対応していただけました。そのときに、どういう性能をもった板を使うべきなのか、という提案までしてもらえて、『昔の板はこうなんだけど、今の板はこういう機能をもっていて、下に断熱材をいれるのが良いんですよ』と私の分からないことまで詳細に教えていただきました。最初は正直いるの?って思っていたんですが『現在は断熱材をいれるのが主流ですよ』と、納得のいく提案をしてもらえたので、それだったら村瀬さんに一任しようと思いましたね。今では断熱材を入れてよかったと思っています。その時も、工事にかかる費用の見積りから、工事完了まできちんと対応をしてもらえました。

―村瀬建築さんに任せてよかった、と思えるお気に入りの場所はありますか?

私の家に訪れたお客さんからいつも言われるのは、「この天井すごくいいねー、変わっとるねー」と驚かれるので、天井が私自身もお気に入りの場所になりました。

―知人や建築会社を探されている方に、村瀬建築さんをご紹介できますか?

はい、それはもちろんですよ。

―では改めて村瀬建築さんに対して、一言いただけますでしょうか?

普通であったら家を建てたらはい終わり!という関係になってしまいがちですが、村瀬建築さんは全然違っていて、通信とかカレンダーとかわざわざ家に送ってもらえるので、本当に私たちのことを気遣っていただけているんだなーっていつも感じています。『いまだにお家の関係の人がくるの!?』って友達によく驚かれることがありますが、胸をはって『そうです!』と言えるような関係性を築けているので、これからも村瀬建築さんとは長く付き合っていきたいですね。

―最後の質問ですが、村瀬建築さんにご依頼されて満足されていますか?

はい、とても満足しております。

―今回は取材にご協力いただきまして、ありがとうございました。