快適な家づくりの条件とは?4

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社様のブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

 

さて、前回のブログは、

冬、暖房で暖められた熱の約半分(53パーセント)は、窓から失われ、

また、夏に室内にながれ込む熱の約七割(74パーセント)は、窓から入ってくるため、

部屋の居心地は窓の断熱化で変わると言うお話でした。

今回はその続きのお話をさせていただきたいと思います。

 

 

村瀬建築株式会社様が提供されているサービスのひとつ、

ZEH新築住宅ゼロエネルギーハウスにAPW 330という樹脂窓があります。

樹脂窓とは何でしょう?耳慣れない言葉ですよね。

樹脂窓とは、窓のフレームが樹脂でできている窓のことです。

断熱性、遮熱性、機密性に非常に優れている窓です。

 

高い冷暖房効率で光熱費を節約する樹脂窓は、

一度取り付けたらお金のかからないエアコンといえるでしょう。

 

また、村瀬建築株式会社様が提供されているこのAPW 330という樹脂窓は、

クレセントがなく防犯性も高くなっています。

クレセントとは何か?クレセントとはつまり鍵のことです。

一般的な引き違い窓には、召し合わせ部分に鍵がついていますよね。

あれがないのです。では、鍵はどこでかけるか?

鍵は引き手側についています。引き手と鍵が一体化したいわゆる戸先錠というものです。

このことによって、閉めるまたは開けるといった動作だけで、同時に施錠や解錠ができます。

もちろん、未施錠の場合は赤いラインが見えるため、きちんと閉まっているか目で確認できて安心です。

 

毎日使う窓だから使いやすさにこだわっているわけですね。

 

さて、ここまでは樹脂窓のそもそもの説明と、

APW 330のスタイリッシュで機能美あふれるデザインのお話でしたけど、

次回のブログでは、樹脂窓APW 330の高い断熱性能についてお話させていただきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

 

 

ホームぺージ制作会社T-laboのご紹介

 

――岐阜市の徹明通に拠点に構えて活躍しているコンサルタントをおこなっております。

 

集客を向上させるのに必要な事、それはどれだけ信頼できる会社にコンサルティングを任せるかに抱えています。

 

アナタのWEB担当として、本当に効果の出る集客術を伝授いたします。

 

T-laboのホームページはこちらから

 

 

 

 

 

2018.06.13 | 新着情報,日記

2018.6.9.10 ぎふの木フェスタ

今回は村瀬建築、堀の担当です。

岐阜県主催による「ぎふの木フエスタ」は毎年10月頃に開催していましたが、今年は6月9日・10日にとり行われました。
今回も博和会の皆さんの協力を得て参加しました。
今年は去年好評だった岐阜県産材東濃桧の鉋(かんな)削り体験と、その鉋くずを使ってフラワーアートを楽しんで頂きました。
当日は2日間で300組の方にご来場いただきました。
おうちの床が新築時に合板のフローリングにされた場合でもリフォームで東濃桧などの無垢のフローリングに張替えることができます。
バリアフリーにリフォームされる際にも、無垢のフローリングにされると安心と木の香りや温もりを感じることができ、快適に過ごせます。
木の床は断熱効果が高いので省エネにも繋がります。
 


一緒に削ります

 


わーー長いのがでたー

 


手伝ってあげるから

 


次々にお客さんで受け付けも大忙し

 


がんばって出来るかな

 
一日目は良く晴れて前日の土砂降りが嘘のような上天気!
みんな汗だくになって頑張りました!
二日目は雨の予報で心配だったけど、
時々降る程度で何とか丸一日出来ました。
 


外国のお客さんも来て教える方も緊張気味(;^ω^)

 


こちらのお二人は台湾から

 
今年も大好評で終わる事が出来て良かった!
皆さんお疲れ様でした!

2018.06.10 | 新着情報,日記

快適な家づくりの条件とは?3

こんにちは。

 

村瀬建築株式会社様のブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

 

さて、前回のブログは、

日本のような夏の酷い暑さも冬の厳しい寒さも関係無く、ジメジメとも乾燥とも無縁で、

冷暖房の力をなるべく借りずに、快適な室温と湿度をできるだけキープしてくれる家とはどのようなものなのか。

そのように快適な家をつくるには、実は窓が大きく関わっている。

と言うお話でした。

今回のブログはその続きのお話をさせていただきたいと思います。

 

 

快適な暮らしは、いい窓を選ぶことから始まると言われてます。

窓は、熱の出入りがいちばん多い場所です。

冬、暖房で暖められた熱の約半分(53パーセント)は、窓から失われます。

また、夏に室内にながれ込む熱の約七割(74パーセント)は、窓から入ってきます。

部屋の居心地は窓の断熱化で変わる、という理由がここにあります。

 

 

つまり、窓によって部屋の温度がほぼ決定するということですね。

それならば、その元凶である窓を部屋から排除する・・・ってそんなことは、

なかなかできませんよね。

まるで、地下室みたいで息苦しくなってしまいます。

それならば、やはり窓にこだわり、高い断熱性能の窓をえらびたいですよね。

また、高い断熱性能の窓をえらぶことによって、

外気温に室内温があまり影響を受けないため冷暖房費が安くなります。

これは、まずもって経済的ですし何よりエコで環境的です。

 

 

高い断熱性能の窓とはどのようなものか?どこにこだわればいいのか?

こだわる部分はふたつあります。

ひとつはサッシ部分、もうひとつはやはり窓ガラス部分です。

 

 

村瀬建築株式会社様のZEH新築住宅ゼロエネルギーハウスが提供されている窓に、

APW 330という窓があります。

これは、窓のフレーム部分に熱伝導率の低い樹脂を、

そして窓ガラス部分に熱の出入りを抑えるLow-E複層ガラスを用いた樹脂窓といわれる窓のことです。

 

 

次回のブログでは樹脂窓のことについて、より具体的なお話をさせていただきたいと思います。

 

 

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

 

 

ホームぺージ制作会社T-laboのご紹介

 

――岐阜市の徹明通に拠点に構えて活躍しているコンサルタントをおこなっております。

 

集客を向上させるのに必要な事、それはどれだけ信頼できる会社にコンサルティングを任せるかに抱えています。

 

アナタのWEB担当として、本当に効果の出る集客術を伝授いたします。

 

T-laboのホームページ

 

 

 

 

 

 

2018.06.06 | 新着情報,日記

2018.6.4. 売建物件のご案内

皆さんこんにちは!村瀬建築㈱の平工です。
とうとう梅雨の季節に突入ですねぇ(´;ω;`)ウッ…
湿気をおうちの中へ侵入させないためにも
気密や断熱を高めることが重要です。
気密や断熱を高めると省エネにもつながって
一石二鳥です♪
 
さて今回は売建物件のご案内です。
村瀬建築㈱の不動産部門では土地の売買や仲介のほか
売建物件(建築条件付土地のことです)も取り扱っています。
 
今回ご紹介する物件は村瀬建築㈱の地元、岐阜市加野にあります。
敷地面積は約47坪、子育て世帯にピッタリです!
家族の絆が深まる魔法の空間プランもご用意しています!
詳しくは下記チラシをご覧ください。
 

2018.06.04 | お知らせ,新着情報