寿楽苑内装木質化工事


完成:個室
<工事概要>

発注者:岐阜県
工事場所:岐阜市中地内
構造:鉄筋コンクリート造
階数:3階
規模:延床面積 5,351.91㎡
   木質化対象範囲 1階廊下・個室4室
工事内容:1階廊下と個室4室の内装木質化工事
内部仕上:廊下-ヒノキの羽目板張、個室-スギの羽目板張


岐阜市中地区内にある寿楽苑の内装木質化工事を施工しました。
寿楽苑は岐阜市にある介護福祉施設で、内装の木質化工事が進められており、今回は1階廊下と個室4室が
工事の対象となりました。

個室の木質化には岐阜県産材のスギの羽目板を使用しました。
木の中心に近い部分の心材と呼ばれる赤い部分や、木の外側に近い辺材と呼ばれる白い部分など、それぞれ木ならではの木目や印象があり、施工後は前よりも室全体がやわらかい雰囲気となりました。

廊下には岐阜県産材のヒノキの羽目板を使用しました。
廊下は腰部分までを木質化しましたが、それだけでも施工前とは印象が違い、あたたかい雰囲気となりました。施工に伴い、手摺と車摺りも新しくしました。

この工事では、木下地も岐阜県産材を使用し、岐阜県の木材活用にとことんこだわりました。
スギの羽目板は美山スギを使用したもので、小節と呼ばれる等級で、節がほとんどない木目の美しい板を採用しました。

ヒノキの羽目板は中津川加子母のヒノキを使用したもので、等級は特一等という節のあるものです。
節のあるなしで印象が違いますが、どちらも木のあたたかさや優しい雰囲気を与えてくれます。
手摺や車摺りは躯体にしっかりと固定しているので、安全に使用していただけます。
着工前:個室
着工前:個室
着工前:廊下
完成:個室(杉羽目板全面張)
完成:個室(杉羽目板全面張)
完成:廊下(桧羽目板張、手摺・車摺り取付)