K様邸内窓設置工事


完成 離れ:出窓の室内側に設置
K様邸内窓設置工事

母屋と離れの窓の室内側に内窓を設置しました。内窓は外からの夏の熱気や冬の冷気の侵入を抑えたり、室内の冷暖房を外へ逃がさない効果があるため冷暖房効率が向上するので、
冷暖房に要する電力消費が低減され省エネ生活を実現できます。地球温暖化要因のひとつであるCO2排出の低減や電気代の削減、さらには騒音対策や防犯対策にもつながり、
快適に暮らすことができるようになります。また、内窓をペアガラスにすることにより、さらなる効果が期待できます。
また、住宅エコポイント対象期間に設置したので、エコポイントが付いてきました。因みにK様邸は大きい窓を4つと中くらいの窓を5つ設置したので、132,000ポイントでした。
このように内窓のある”2重サッシ”の住宅は、一昔前までは北海道などの寒冷地が中心でしたが、最近では先に述べた理由により日本全国で浸透してきています。
ペアガラスも最近では標準仕様になってきているので、2重サッシも後に標準仕様になるでしょう。
完成
母屋:2階中窓の室内側に設置
完成
離れ:2階テラス窓の室内側に設置