M様邸屋根リフォーム工事


完成
M様邸屋根リフォーム工事

屋根のリフォーム工事を行いました。
2階建て住宅の1階部分屋根に今まで葺いてあったスレート瓦が経年劣化で傷んできたために、金属素材の板で今までの屋根を覆うように行う、カバー工法で施工しました。
カバー工法で行うメリットは施工費が安く済み、工期が短く終わるとメリットがあります。
理由は今までの屋根を撤去しないので解体に要する作業が無いので費用と工期を短くできます。また、工事中の雨漏りの対策になるので当社ではカバー工法を採用しております。
 当初は今までのスレート瓦に塗装を行うことも視野に入れて計画しておりましたが、スレート瓦の経年劣化の特徴は表面が砂状にザラザラになるので塗装してもすぐに剥げてしますので、ガルバリウム鋼板製の金属屋根で行うカバー工法をお勧めしました。金属屋根の場合、雨音や断熱性を心配されますが、金属板の裏に断熱材(ペフ材)が張り付けてありますので、雨音の遮音効果と日差しによる遮熱効果があります。
着工前
施工中