O様邸内装リフォーム工事


完成:キッチンからダイニングとリビングを見渡す
O様邸内装リフォーム工事

17年程前に新築工事をさせていただいた木造2階建住宅のリフォーム工事のご依頼をいただきました。

ご子息家族と同居する事になり今までのLDKでは手狭な為、LDKの北側にある廊下と廊下の更に北側にある洋間を繋げました。

繋げた結果、16帖から25.5帖になりました。

お子様がまだ小さい事もありキッチンは対面式にされました。

普段はLDKの大空間ですが来客時はリビングとDKを分ける為に3枚引込戸を設置しました。

引戸はウッドワン社製でニュージーパインの無垢材でできています。

フローリングは楓の無垢板なのでとても心地のいい空間になりました。

新築時の17年前は筋かいなどの耐力壁の柱の上下(柱頭柱脚)に金物を取付ける法律がなかった為、リフォームを期に金物を取付ける事にしました。今回は2階のリフォームはありませんでしたが1階LDKの天井を撤去した際に現れた2階柱脚だけでも金物を取付けました。

断熱方法は基礎内でなく根太間を採用しスタイロフォームを設置しました。

壁の外周面もスタイロフォームを採用しました。天井の下屋(2階が載っていない部分)にはグラスウール100mmを2重に敷き込みました。

下屋の立上り部分やユニットバス廻りなどには気流止めを施しました。

今回はLDK以外にも洗面脱衣とトイレの床の張替や衛生設備器具の取替なども行いました。

トイレには将来足腰が悪くなった時の事を考えドア下部に段差解消スロープとトイレ内の各所に手摺を設置しました。
リビング~ダイニング~キッチン
3枚片引戸(ウッドワン社製)
筋かい金物(1.5倍用)と柱頭金物(へ)
下屋立上りの気流止め
ユニットバス廻りの気流止め
完成:トイレ(床:コルクタイル貼)