岐南町立西小学校体育館床改修工事


完成
岐南町立西小学校体育館床改修工事

<概要>
発注者:岐南町
工事場所:羽島郡岐南町みやまち4丁目地内
構造:鉄筋コンクリート造
工事内容:体育館アリーナ及びステージ床塗装改修
施工規模:アリーナ 約840㎡、ステージ 約120㎡

岐南町のほぼ中央に位置する西小学校体育館の床塗装改修を施工しました。
1873年(明治6年)から度重なる統廃合を経て83年後の1956年(昭和35年)に現在の西小学校に改称した、とても歴史ある学校です。
着工前の床は塗装がすっかり取れて傷や汚れがとても目立ったりフローリングがささくれて児童が怪我をする危険性がありました。
改修は、研磨を3段階(粗掛・中掛・仕上掛)行った後、下塗・研磨・吸塵清掃、中塗・研磨・吸塵清掃、コートなどのライン引き、最後に上塗で完成です。
塗料は公共・民間共によく使用されているメーカー、大谷塗料㈱の「ネオデラック1000A」という商品で日本建築学会材料規格JASS18 M301適合製品でF☆☆☆☆も適合している、1液油変性ウレタン用塗料を採用しました。
床の汚れもささくれもなくなり、児童や地域の方々に安心して使用していただけることでしょう。

着工前

研磨:粗掛

研磨:中掛

研磨:仕上掛

ウレタン塗装:下塗

下塗後の研磨

下塗研磨後の吸塵清掃

ウレタン塗装:中塗

中塗後の研磨

中塗研磨後の吸塵清掃

ライン引き

上塗