住宅リフォームのメリット3

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『住宅リフォームのメリット』と題した、村瀬建築さんがおこなわれるリフォームやリノベーションに関するアレコレです。

もちろん、村瀬建築さんではお客様の要望をうかがい、お客様の期待に沿った新築住宅の施工もしておりますが、

今あるお家に補修や改修を施し、心機一転キレイにリフレッシュさせるリフォーム工事もしておりますのでそれらのお話をさせていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

住宅をリフォームするメリットのひとつとして、各種税金が軽減できるということが挙げられます。

リフォームにおける減税の優遇措置を受けられる種類として、

所得税、固定資産税、贈与税、登録免許税、不動産取得税があります。

今回は、その中でも所得税の減税についてご紹介していきます。

リフォームで利用できる所得税の減税制度として、以下のようなものがあります。

■住宅ローン減税

正式名称「住宅借入金等特別控除」とは、個人が住宅ローンを利用してマイホームの取得やリフォームをする際に、

一定要件のもと所得税からの控除が受けられる制度です。

■ローン型減税

リフォームローンの償還期間が5年以上の場合に適用できる制度です。

バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化(これらと併せて行う場合に耐震改修も利用可能)

といった一定の性能リフォーム工事で優遇税制があります。

■投資型減税

優良な家に対して所得税を減税するものです。

耐震改修・バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化といった一定の性能リフォーム工事で優遇税制があります。

自己資金でリフォームした場合でも、ローンを組んでリフォームした場合でも利用は可能です。

これらはリフォームの負担が軽くなる制度ですので、ぜひとも上手に活用していただきたいです。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.09.14 | 新着情報