2019.4.19 ZEH

みなさん、こんにちは!市川です。
今年は桜の開花から長く楽しめていますね。山の方ではまだ桜が見ごろなのではないでしょうか?
ゴールデンウィークが10連休という方が多いと思います。みなさん楽しまれるとよいですね。
 
昨年4月にもZEHについてご紹介いたしました。
昨年度の実績を公表する時期となっております。
平成30年度の実績のご報告致します。
 
まずは、ZEHとは何かというおさらいです。
ZEHとはNet Zero House(ネット・ゼロ・エネルギー)の略なんです。
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?
「住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅」のことを指します。
政府は「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年まで新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」としています。
※標準的な新築住宅とは、戸建て新築注文住宅の過半数を占める住宅のことです。
※新築住宅の平均とは、新築住宅のエネルギー産出量と消費量がプラスマイナスゼロになる状態の地域が日本全国平均的に分布することです。
 
<村瀬建築(株)ZEH普及実績>
2016年度(H28)…0%
2017年度(H29)…0%
2018年度(H30)…0%
 
平成30年度はZEHを採用する住宅はありませんでしたが、ZEHの普及目標を策定し、さらなる高品質な住宅の供給に取り組んで参ります。
 
<村瀬建築(株)普及目標>
 
2019年度(H31)…40%
2020年度(R2)…50%
 
ZEHの条件とは?
ZEHとはわかりやすく言うと、住宅で消費するエネルギーと、生み出すエネルギーの差が正味(ネット)でゼロとなる住宅のことです。ZEHの実現には以下の3つのポイントがあります。
高い断熱性:躯体や窓の断熱性を上げることによりエネルギーの流出・流入を抑えます。 
設備の省エネルギー性:照明のLED化、高効率なエアコンや給湯設備を使い、エネルギー消費を抑えます。
省エネ:太陽光発電や蓄電システム等を用いてエネルギーを創ります。
 
ネット・ゼロエネルギー・ハウス(支援事業)とは?
ZEH支援事業とはZEHとなるような高品質な住宅対して補助を行う事業です。ZEHを満たすような設定を行い、申請をすることで補助金を受けることができます。(予算の都合上、性能の良い順に申請が受諾)されるため、ZEHの基準を満たして申請すれば必ず助成が受けられる仕組みとはなっていません)
ZEHの補助金を受けるには「ZEHビルダー」として登録された会社によって住宅が建築・販売さることが条件となっています。
(詳細はこちらをご確認ください→https;//sii.or.jp/zeh28/)
 
ZEH支援事業も興味のある方はぜひ当社までお問い合わせください。
 

 

2019.04.22 | 新着情報

2019.4.17 消費税10%後のメリット

みなさん、こんにちは!設計部の平工です。
今日は今年10月から引き上げられる消費税10%後の住宅所得メリットをご紹介します。
 
政府は4つの支援策を打ち出しました。
 
①住宅ローン減税の控除期間が3年延長!
(建物購入価格の消費税2%分減税(最大))
 
②すまい給付金が最大50万円!対象者も拡充!
(収入に応じて10万~40万円の増額)
 
③新築最大35万円相当、リフォーム最大30万円相当の
 次世代住宅ポイント制度!
 
➃贈与税非課税枠は最大3,000万円に拡大!
 
 
新築でもリフォームでもメリットがいっぱいあるので
この機会に、ZEH住宅・省エネ住宅・リノベーション・断熱リフォーム・バリアフリーリフォームなどご検討いただき、ご用命の際は是非、創業明治8年、老舗の村瀬建築㈱にお任せください!
 

 

 
<お知らせ>
関市のマーゴにて期間限定で出店いたします。
4月17日(水)から4月22日(月)
場所 マーゴ2階 メガネのアイガン横
    関市倉知516番地
是非、お気軽に遊びにきてください。

2019.04.17 | 新着情報

耐震について考える4

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、みなさんに村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、耐震についてのアレコレさまざまなことです。

近年でも大きい地震が相次ぐ、世界でもまれに見る地震大国、私たちの住むこの日本において、

地震による建物が受ける被害をなるべく小さくしようとする試みというのは、非常に重要なことです。

なので、ぜひ耐震について知っていただきたいと思います。

全五回を予定していますのでよろしくお願いいたします。

前回のブログでは、横ゆれによる横からの地震力をいかに防ぐのかが、

耐震設計では重要になってくると言うお話をさせていただきました。

ということは、横からの力に負けないような耐震性の高い住宅にするには、

単純に、横からの力が働いても倒れないように対抗すればよいわけです。

建築物を構成している部位で、横からの力に対抗できる要素を持っている部位は壁です。

力の働きと同じ方向、つまり横からの力と平行方向に壁があればその壁が、

まるで、つっかえ棒のような役割を務めてくれて建築物の倒壊に対抗してくれます。

この様な地震に対抗できる壁のことを、耐震壁といいます。

建築物と言うのは、基本的には箱のように、壁が集合して出来ているようなものなのですが、

それらすべての壁が耐震壁なのかというと違います。

何かしらの力を受けたらすぐに変形してしまうような弱い材質の壁や、

薄い壁、大きな穴が開いているデザインの壁などは、耐震壁ではなく普通の壁です。

耐震壁が建築物の耐震要素としての役割を果たし、その能力を発揮するためには、

壁の周りの柱や梁(フレーム)と壁が一体化してなくてはいけません。

つまり、地震発生時にその建築物と壁が一緒に揺れることが重要なのです。

建築物が揺れているにもかかわらず、壁が揺れていなければ、

抵抗が生まれ、力が集中しやすくなるので、地震力が吸収されず、建築物は破損します。

ですが、建築物と壁が一緒に揺れるようにすれば、地震力は一点に集まらずに逃げて行き、

地震による破損をできる限り食い止めるよう機能してくれます。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.04.16 | 新着情報

耐震について考える3

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、みなさんに村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、耐震についてのアレコレさまざまなことです。

近年でも大きい地震が相次ぐ、世界でもまれに見る地震大国、私たちの住むこの日本において、

地震による建物が受ける被害をなるべく小さくしようとする試みというのは、非常に重要なことです。

なので、ぜひ耐震について知っていただきたいと思います。

全五回を予定していますのでよろしくお願いいたします。

地震と一言で言っても、その地震動(揺れ方)には2つ種類あります。

建築物が地震力を受けると、それぞれ、上下もしくは、左右にゆさぶられることになります。

まず、上下に大きく動く揺れ方を『縦ゆれ』といいます。

そして、左右に大きく動くゆれ方を『横ゆれ』といいます。

耐震設計と言うと、この『縦ゆれ』『横ゆれ』、どちらの揺れに対しても頑丈に対応し、

負けないような強固な造りをしなければいけないように感じますが、実際はそうではありません。

建築物が倒壊してしまうときの状況を想像してみるとわかると思いますが、

横倒しになると言うより、何か上から力がかかっているかのように、建築物がグシャっとつぶれますよね。

地球には、重力がありますから質量は上から下に向かいます。

建築物は、建物自身の重量であったり家具や人など、上から下への力を常に受けており、

それをしっかりとふまえて設計されています。

つまり建築物というは、そもそも縦ゆれに関しては頑丈な造りになっているのです。

ですので、縦ゆれの地震力によって建築物がつぶれることはあまり考えられません。

問題は、横ゆれなのです。

建築物を支えている柱や壁は、横ゆれにより横からの大きな力が加わると、

建築物の重量やさまざまな重量を支えきれなくなって、傾き倒れたり折れたりしてしまいます。

そして、建物全体がグシャっと倒壊するのです。

したがって、耐震設計では、地震を縦ゆれよりも横ゆれの力としてとらえます。

なので、横ゆれによる横からの地震力をいかに防ぐのかが、耐震設計では重要になってきます。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.04.08 | 新着情報