お客様に満足していただける住まいを造る。村瀬建築株式会社

058-243-2295
お問い合わせ・カタログ・資料請求

村瀬建築ブログ

H様邸カーポート取替工事

みなさんこんにちは!新築・改築・リフォーム・リノベーションあなたのこだわりお聞かせください。
村瀬建築㈱ 営業設計部の市川です。
 
長年使用していたカーポートの老朽化に伴い、新しいカーポートに取替える工事をご依頼されました。
 

施工前1

施工前2

 
敷地の北側に設置されているため、雪が解けにくいことを考慮して、既設と同様に4本柱のカーポートを設置しました。
 

施工中

 

完成1

完成2

 
梁が2本かかる丈夫でスタイリッシュなカーポートが設置されました。
雪や霜の心配が無いので、朝のお出かけ時にはスムーズに出かけられます。
「雪や霜で朝の出勤に時間がかかる!」、「寒いのに外で雪かきは大変!」、「カーポートや駐車場に防犯カメラや照明器具を設置したい」など、お困りの方は色々なカーポートや車庫まわりアイテムがありますので、ご興味がありましたらぜひ村瀬建築にご相談ください。
他にも様々なリノベーション・リフォーム例を施工事例に掲載しております!
 
村瀬建築では、お住まいの建物の耐震診断、ぎふの木を使った新築、改築、リフォーム、リノベーションなど住みよい暮らしづくりのお力になります!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2024.02.13 | 新着情報

古民家リノベーション・リフォームのご提案

みなさんこんにちは!新築・改築・リフォーム・リノベーションあなたのこだわりお聞かせください。
村瀬建築㈱ 施工部の渡邊です。
 
今回は、古民家リノベーション・リフォームについてご提案させていただきます。
古民家とは築50年以上の伝統工法で建築された建物をいい、近年はその数が減少傾向にあります。
古民家の良いところは、今はあまり使用されない大きく立派な木材が使用されていたり、意匠も日本らしくどこか落ち着く、良い雰囲気があります。
一方昔からの造りであるため、段差がきつかったり、隙間風や断熱性が低いため冬は過ごしにくいなどのデメリットがあります。
しかし、窓サッシの取替や断熱材の充填などにより断熱性や気密性を改善し、耐久性が心配な場合は耐震補強を行うことで住みやすく丈夫な建物として、長く大切に住み続けることも可能です。
 

古民家の太い木材を使用した骨組み

 
村瀬建築では、そんな古民家をお持ちのお客様から多くのリノベーション・リフォーム依頼をいただいております。
耐震補強やサッシの取替え、断熱材の充填など住環境の改善だけでなく、骨組み自体を意匠として現したり、新しく使用する材料は無垢材を採用するなど、古民家の雰囲気を損なわないリノベーション・リフォームをご提案しています。
 

骨組みを現した意匠とした例

 

耐震補強の例(かべ大将)

 

耐震補強の例(柱頭柱脚金物による補強)

 

断熱材(グラスウール)を充填した例

 

高気密性サッシへ取替えた例

 

無垢フローリング(インドネシアンチーク)を使用した例

 

洗面所の仕上げに羽目板(ヒノキ)を使用した例

 
この他にも様々なリノベーション・リフォーム例を施工事例に掲載しております!
また現在施工中の建物もあるため、その都度ご紹介できればと思います。
村瀬建築では、お住まいの建物の耐震診断、ぎふの木を使った新築、改築、リフォーム、リノベーションなど住みよい暮らしづくりのお力になります!
古民家リノベーション・リフォームをお考えの方、古民家にご興味がある方、ぜひお気軽にご相談ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2024.02.07 | 新着情報

季節の移ろい

今年は元旦に辛いことが起こりました。
御冥福とともに一日も早く日常に戻られることをお祈りいたします。
 
村瀬建築は耐震の診断から設計施工まで一貫出来る建築会社です。
耐震は豊富な経験や知識が要求される仕事です。
その点においても弊社の強みだと思っております。
耐震工事をするためにはまず現状を把握する必要があります。
現状を把握するためには耐震診断が必須です。
弊社では無料で耐震診断をさせて頂いております。
ご用命の際は是非ご連絡ください。
 
話は変わりますが、会社の梅がここ数日の寒さにも負けずに健気に咲き始めたのでお届けいたします🌸
皆さんにとって花が咲くような素敵な1年になりますように👏
 

 
設計部 平工がお届けいたしました。本年もどうぞ宜しくお願い致します。
新築・改築・リフォーム・リノベーションあなたのこだわりお聞かせください!
村瀬建築㈱では、お客様の住まいへのこだわり、ぎふの木を使用した新築・改築、リフォーム・リノベーションや断熱リフォーム、省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震診断、耐震補強工事などなど、住みよい暮らしづくりのお手伝いをさせていただきます!
お気軽にご相談ください!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

2024.01.29 | 新着情報

古民家リノベーション工事

皆様こんにちは、社長の村瀬です。
能登半島地震でお亡くなられた方へのご冥福、被災された方へお見舞い申し上げます。
今回も築100年以上の古民家リノベーション工事(2回目)の内容をお伝えします。
建築されたのが大正初期である為、おおよそ約100年が経過されています。
改修範囲は主に屋根と水回り関係の工事になりますが、できる限りの耐震化を行って工事しています。
 
外壁に耐震壁である耐力面材ダイライトを張ってあります。
この耐力面材は壁倍率2.5倍あり、筋交いを入れるよりも耐震性能が良い商品です。
また、不燃性材料でできている為、防火性能もあります。
 

ダイライト耐力面材を外壁側に施工した様子

 

既設の梁を支える柱を追加して柱頭金物を取付けた様子

 

柱脚も補強金物を付けました

 

既設の梁に羽子板ボルトを施工して柱と緊結しました

 
村瀬建築では東日本大震災以降、地元工務店の使命として耐震化工事を数多く施工してきました。
家全体の耐震化が大事ですが、ご予算もあるために例え1壁でも耐震補強できる所があれば、耐震化するように努めてまいりました。
これからも、少しでも安心して暮らせる家づくりをしていきたいと思います。
 
村瀬建築では耐震補強工事や古民家再生、リフォーム、リノベーションを得意としております。
断熱リフォーム・ZEH新築住宅・リノベーション・リフォーム工事・耐震補強工事は村瀬建築株式会社にお任せください。
 
ブログご覧いただきありがとうございました。

2024.01.26 | 新着情報

S様邸トイレリフォーム工事

年が明けましてすっかり寒くなりましたね。本年もよろしくお願いいたします!
村瀬建築㈱ 営業設計部の市川です。
 
今回は、S様邸トイレリフォーム工事をご紹介させていただきます!
長年使用しているトイレは床や壁の汚れが落ちづらく、お掃除が大変になります。
施工前のトイレの内装仕様は 壁クロス貼り 床は複合フローリング張りでした。
床の隙間に汚れが溜まり、お掃除に苦労されていました。
 

施工前1

施工前2

 
新設の仕様 床クッションフロア 壁窓下まで化粧ケイカル板を貼ることに致しました。
 

施工中:壁セラール貼

施工中:床クッションフロア

 

完成1

完成2

 
壁や床の素材は汚れが付き難くお手入れが楽です。
とても綺麗なトイレ空間になりました。
現在最新の便器は以前の便器と比べ節水仕様となっております。
内装と便器を同時にリフォームすることで沢山のメリットがありますので、是非トイレリフォームをお勧めします。
ご相談、お見積り等お気軽にご連絡ください。
 
村瀬建築では、お住まいの建物の耐震診断、ぎふの木を使った新築、改築、リフォーム、リノベーションなど住みよい暮らしづくりのお力になります!
ご自宅の耐震がご心配な方やご相談もお受けしております。
一度ご家族で住まいのあらゆる事を相談して、早くやっててよかったと思ってもらえると幸いです。
この度被災された方々が一日も早く日常を取り戻されることをお祈りします。

2024.01.16 | 新着情報

空き家活用のご提案

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします!
村瀬建築㈱ 施工部の渡邊です。
今回は、空き家の有効活用についてご案内させていただきます!
 
近年、人口減少や高齢化に伴い空き家が増加していることが問題となっています。
空き家を放置すると、放火や空き巣など地域の治安が悪くなる傾向があったり、害虫の発生や老朽化による倒壊など様々な影響があります。
村瀬建築ではそのような空き家を耐震補強して賃貸住宅へリノベーションしたり、解体してZEH住宅を新築したりと、空き家の有効活用について様々な取り組みを行っています。
 

放置され劣化が進み、草も生い茂っている例

 

耐震補強し、バリアフリー住宅にリノベーションした例

 

空き家となり放置された住宅

 

解体してZEH住宅を新築した例(百楽の家)

 
また、弊社では不動産の仲介も承っております。
これまでも空き家所有者の方々から、仲介のご相談・ご依頼をいただいております。
 

 
「空き家を所有しているけど活用方法が分からない」「古いけど立派な家なので有効活用したい」など空き家の活用方法をお考えの際は、ぜひ一度ご相談ください。
 
年明けから能登半島地震があり、様々な被害状況を目にします。
被災地の方々のご安全や一日も早い復興を、心よりお祈り申し上げます。
 
村瀬建築では、お住まいの建物の耐震診断、ぎふの木を使った新築、改築、リフォーム、リノベーションなど住みよい暮らしづくりのお力になります!
改めまして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2024.01.11 | 新着情報

本年もありがとうございました!

コロナが5類になり今まで会えなかった方と会えるようになったので嬉しいですね(^^♪
今回は設計の平工がお届けいたします。
 
さて本年のブログは今回が最後となります。
本年もブログやホームページ、kodawari通信をみていただいたり、村瀬建築㈱と関わっていただいて、会社もスタッフひとりひとりも皆様に育てていただいていると感じています。
感謝しております!本当にありがとうございました!
 
定期的に発行させていただいているkodawari通信の新春号が完成しました!
新春号には昨年の工事のご報告を載せています。
そのほか、キッチン・浴室・トイレなどの種類別の施工事例や来年度の補助金のご案内や大工が伝えたい~木材の良さなどを掲載しています!
一読していただけたら幸いです!
 

 
この時期はクリスマスや年末年始など、楽しいイベントが盛りたくさんですね♪
みなさん、お身体に気を付けながら楽しんでいただけたらと思います。
では良い年をお迎えください。
 
新築・改築・リフォーム・リノベーションあなたのこだわりお聞かせください!
村瀬建築㈱では、お客様の住まいへのこだわり、ぎふの木を使用した新築・改築、リフォーム・リノベーションや断熱リフォーム、省エネリフォーム、バリアフリーリフォーム、耐震診断、耐震補強工事などなど住みよい暮らしづくりのお手伝いをさせていただきます!
お気軽にご相談ください!
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

2023.12.25 | 新着情報

M様邸リフォーム工事

皆さんこんにちは!
施工部の長井です。
今年もあと少しですね。早いですね。
 
今回は、前回のブログで社長がお話したリフォーム工事の続きになります。
僕は屋根の野地板を張らせていただきました。
 
どの仕事でもそうですが、仕事をするときにいかに材料を無駄なく効率よく仕事をするのかを考えなければなりません。
僕は作業をこなすのに精一杯なので、効率よく素早く作業が出来るように努力していきたいです。
 

野地板・合板を張り終えた様子

 
今は室内の作業にとりかかっています。
床や壁、天井の下地の作業にとりかかっています。
詳しくは、次回話せたらと思います。
 
話は変わりますが、11月27日から12月3日の2週間で
国際たくみアカデミーの生徒さんがインターシップで来てくださいました。
2週間いろいろお手伝いをしてくれました。
 

野地板・合板を張り終えた様子

 
自分から何をしたらいいか聞いたり作業中も沢山質問して、すぐにメモを取ったりとても勉強熱心な生徒さんでした。
2週間お疲れ様でした。ありがとうございました。
 
また、屋根の工事をするにあたって、規矩術について教えていただきました。
規矩術は、屋根の垂木や隅木など勾配のついた部材の墨付けに必要な知識になります。
この知識が無いと屋根の材料をどのように加工していくのかが分かりません。
だから、大工には必要な知識になるのでしっかり頭に入れます。
 

僕も一人前の大工になれるよう頑張ります!
 
村瀬建築(株)では、ぎふの木を使った新築・改築、リフォーム・リノベーションなど暮らしの様々なご依頼やご相談のお力になります!ご気軽にご相談ください!
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

2023.12.22 | 新着情報

古民家リノベーション工事

皆様こんにちは、社長の村瀬です。
今回は築100年以上の古民家リノベーション工事の内容をお伝えします。
屋根を当初建てられていた形に戻すために改修しています。
増築されていた部分を減築し当初の形にします。
当初は寄棟であったので隅木を製作して取付けています。
隅木は社寺仏閣建築と同じ反りをつけています。
 

既設の梁を現場加工して隅木をおさめています。

 

隅木に取り付く配付垂木を取付けている様子

 

増築部分は切妻であった部分の水切りがついている様子

 

 
若手大工の長井にも納まりを教えながら行っています。
 
村瀬建築では木を扱う大工として若手大工や学生などに社長が教育しながら働けるようにしています。
村瀬建築はまもなく大工業を始めて150年を迎えます。
次の世代を担う若手の大工が家を自分の手で墨をつけ刻み加工ができるように受け継いで欲しいと思います。
 
村瀬建築では古民家再生したリフォーム、リノベーションを得意としております。
断熱リフォーム・ZEH新築住宅・リノベーション・リフォーム工事・耐震補強工事は村瀬建築株式会社にお任せください。
ブログご覧いただきありがとうございました。

2023.12.01 | 新着情報