Kodawari30

今年は梅雨の時期が長いですね。
設計部 市川です。

弊社が作成しております、「Kodawari」季刊誌最新号ができました。
皆様に建築に関する情報をお届けしているものです。
今回は新型コロナ対策を考慮して、短期間で施工できる事例をご紹介しております。
令和3年度始まり、行政の補助金が決まり始めています。
予算が無くなり次第終了ですので、早めのご計画をお願いいたします。
補助金等のご相談は弊社にお任せください。
4月17日18日に開催しました、「百楽の家完成見学会」のご報告もさせていただきました。
当日は雨や強風でありましたが、50名以上の方が来場されました。
実際に見ていただくと、木で造られた空間にとても好印象を持っていただけました。
まだ、見学できますのでご興味がある方はお問合せください。
村瀬建築㈱は不動産もお任せください。空き家で売りたい又は困っている方は是非ご相談ください。
戸建て住宅以外にもアパートマンションでもお応え致します。

新型コロナウィルスの影響はまだまだ油断できませんね。
マスク手洗い消毒は欠かさず、気を付けていきたいと思います。
ぎふの木を使った新築・リノベーション・リフォーム等のご用命があれば
お気軽にお問い合わせください。
今後ともご愛顧いただけますようお願いします。
一日でも早く現在のコロナ禍を脱し、平穏な日常と皆さま方のご健康をお祈り申し上げます。



2021.06.30 | 新着情報

木のぬくもりを感じる家づくり2

みなさんこんにちは。

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『木のぬくもりを感じる家づくり』と題して、村瀬建築さんの木を使った家づくりについてのお話です。

日本では古来より、建造物の主要な構造部分、枠組み柱や梁などのを木材で組み立てる木造建築が愛されてきました。

自然からつくられた素材ならではのぬくもりで、そこに住む人を魅了してくれるのが木造建築です。

なので、今回から木のぬくもりを感じられる家づくりをするにあたってのいろいろな事柄を、

木材の特徴やメリットなどを取り上げながら、木造建築とはどういうものなのかということをご紹介していきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたしますね。

今回は、初歩的なお話として木造を含む3種類の建築構造について説明していきます。

建築物の構造は、大きく分けて3つの種類にカテゴライズすることができます。

まず、鉄筋コンクリート建築であるRC構造。

RC構造とは、枠型を鉄筋でつくり、そこにコンクリートを流し込んだものを柱や梁など構造部分に使用する建築様式です。

鉄筋は引っ張る力に強く、コンクリートは圧縮に強いという特徴があり、この二つの特徴が合わさったものがRC構造になります。

つぎに、鉄筋鉄骨コンクリート建築であるSRC構造。

SRC構造とは、ベースとしてはRC構造と似ているのですが、基本となる骨格部分にH型鋼などの鉄骨を使用しているところが大きく異なります。

鉄骨を加えることにより、RC構造の特徴にプラスして、鉄骨の特徴であるしなやかさが組み合わさります。

そして最後に、今回のテーマでもある木造建築です。

木造建築とは、その名の通り建築物の主要な構造部に木材を使用したものをいいます。

おもな工法に、柱を立て、梁を水平に渡し、そこに斜めに交差させて筋交いを入れる日本古来の工法、木造軸組工法や、

柱や梁で構造を組み立てずに2インチ×4インチの角材で枠をつくり、そこに面材を合わせパネルにし、

壁(四面)と、床・天井(二面)の六面体の構造で家を建てていく海外式の工法である、

木造枠組壁工法(2×4【ツーバイフォー】と呼ばれることもあります)などがあります。

ちなみに、日本の住宅のおよそ7割が木造軸組工法で建てられているとのことです。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

2021.06.28 | 新着情報

アクリルパーテーションのお知らせ

みなさんこんにちは!ぎふの木を使った新築・改築・リフォームなどあなたのこだわりお聞かせください。

岐阜市 村瀬建築株式会社 施工部の渡邊です。
今回は弊社で作成したアクリルパーテーションについてお知らせいたします!

現在、新型コロナウィルスが蔓延しており、皆様におかれましても、思い通りの生活がままならない今日この頃であると思います。
弊社でも社内間での感染防止対策として、事務所内にアクリルパーテーションを設置しました!



村瀬建築らしく、アクリル板を支える枠は岐阜県産材のヒノキを使用し作成しました。
大きさは幅975㎜×高さ675㎜(アクリル板 幅900㎜×高さ600 厚み3㎜)となっております。



コロナ対策でアクリルパーテーションをお探しの方は、オーダーサイズも承りますのでお気軽にお問い合わせください。
価格は上記の大きさで\12,000(税込み)となっております。
オーダーサイズの価格は大きさによりご相談させていただきますので、ご気軽にお問い合わせ下さい。

今回はアクリルパーテーションの広告となりましたが、お住まいで気になること、岐阜県産材を使ったリフォーム・リノベーション、増築、新築などご依頼お待ちしております!

2021.06.21 | 新着情報

木のぬくもりを感じる家づくり1

みなさんこんにちは。

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『木のぬくもりを感じる家づくり』と題して、村瀬建築さんの木を使った家づくりのアレコレについてのお話です。

自然からつくられた素材ならではのぬくもりで、そこに住む人を魅了してくれるのが木造建築です。

日本では古来より、建造物の主要な構造部分、枠組み柱や梁などのを木材で組み立てる木造建築が愛されてきました。

それは今なお続いており、鉄筋やコンクリート構造の建築物が多く見られるようになった現代においてもその存在感は圧倒的です。

その証拠に日本にある住宅の主要な建築構造といえば木造建築であるというほど、圧倒的なシェアを誇り、

新築住宅のほとんどが木造建築によって建てられ、現在日本に既存する住宅のなんと約8割以上、9割近くが木造建築であるといわれています。

古来から現代にいたるまで、なぜ日本では木造建築がここまで親しまれてきたのでしょうか。

たとえば、日本と同じく古い文化を持つヨーロッパの歴史的建造物を思い返してみると、

おおよそ、石造りで屋根だけが木造の建造物、あるいはレンガ造りの建造物ばかりです。

一方、日本の歴史的建造物はと言うと、現存する世界で最も古い木造建築として有名な法隆寺や、

奈良の大仏様が鎮座している世界で最も大きな木造建築である東大寺などなど、やはり木造建築ばかりです。

日本がただやみくもに木造建築を愛してきたわけではなく、これにはそれ相応の理由があります。

その理由として日本がとても自然が豊かな国であり、森林に恵まれていて、木材に困らなかったことが挙げられますが、

もう一つ大きな理由に、日本の風土と木材のもつ特徴との相性の良さが挙げられます。

なので、今回から木のぬくもりを感じられる家づくりをするにあたってのいろいろな事柄を、

木材の特徴やメリットなどを取り上げながら、木造建築とはどういうものなのかということをご紹介していきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いのほどよろしくお願いいたしますね。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2021.06.21 | 新着情報,日記