住宅リフォームのメリット5

みなさんこんにちは。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『住宅リフォームのメリット』と題した、村瀬建築さんがおこなわれるリフォームやリノベーションに関するアレコレです。

もちろん、村瀬建築さんではお客様の要望をうかがい、お客様の期待に沿った新築住宅の施工もしておりますが、

今あるお家に補修や改修を施し、心機一転キレイにリフレッシュさせるリフォーム工事もしておりますのでそれらのお話をさせていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

前回からお話したている通り、リフォームにおける減税の優遇措置を受けられる種類として、

所得税、固定資産税、贈与税、登録免許税、不動産取得税があります。

今回は、固定資産税詳しい減税要件についてご紹介していきます。

 

まずは耐震リフォームの減税要件。

■対象の物件が昭和57年1月1日以前に建てられた旧建築基準の建物であること

■行う工事が新耐震基準に適合する工事であること

■工事費用が50万円を超えていること

これらの要件に該当している場合、翌年分の固定資産税の2分の1が減税されます。

 

つぎにバリアフリーリフォームの減税要件。

■賃貸物件ではないこと

■築年数が10年以上であること

■工事後の床面積が50平方メートル以上であること

■居住者に次のような方がいること

・65歳以上の方

・介護または要支援の認定を受けている方

・障害がある方

■一定のバリアフリー改修工事が次のいずれかに該当すること

通路等の拡幅、階段の勾配の緩和、浴室の改良 、トイレの改良 、

手すりを取り付ける、段差の解消 、出入口の改良、滑りにくい床材に変える

■工事費用が50万円を超えていること

これらの要件に該当している場合、翌年分の固定資産税の3分の1が減税されます。

 

そして省エネリフォームの減税要件。

■賃貸物件ではないこと

■対象の物件が平成20年1月1日以前に建てられた建物であること

■工事後の床面積が50平方メートル以上であること

■省エネ改修工事の要件を満たしていること

■補助金等は含まずに省エネリフォームの工事費用が50万円を超えていること

これらの要件に該当している場合、翌年分の固定資産税の3分の1が減税されます。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

2020.09.28 | 新着情報

住宅リフォームのメリット4

みなさんこんにちは。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『住宅リフォームのメリット』と題した、村瀬建築さんがおこなわれるリフォームやリノベーションに関するアレコレです。

もちろん、村瀬建築さんではお客様の要望をうかがい、お客様の期待に沿った新築住宅の施工もしておりますが、

今あるお家に補修や改修を施し、心機一転キレイにリフレッシュさせるリフォーム工事もしておりますのでそれらのお話をさせていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

前回もお話した通り、リフォームにおける減税の優遇措置を受けられる種類として、

所得税、固定資産税、贈与税、登録免許税、不動産取得税があります。

今回は、その中でも固定資産税の減税についてご紹介していきます。

まず固定資産税とは、土地や建物、償却資産などにかかる地方税のことを言い、

お住まいの市町村の固定資産課税台帳などに、所有者として記載されている人物が支払わなければならないとされています。

固定資産税の減額とは、求められた要件を満たすリフォームを行った場合に、

リフォームに要した費用の額によらず一定の割合で家屋の固定資産税が軽減される制度のことを言います。

ただし、固定資産税の減額措置の適用を受ける場合には、

工事完了後3ヶ月以内に市区町村へ要件を満たすリフォームを行ったことを申告しなければなりません。

固定資産税の減額対象期間は一年度分なのですが、

住宅が通行障害既存耐震不適格建築物に該当する場合は二年度分となっております。

減税の要件としては、耐震リフォーム、省エネリフォーム、バリアフリーリフォームが挙げられます。

その減税額も、これらのリフォームの種類により家屋の固定資産税の1/ 2、または1/ 3と変わります。

それぞれの詳しい減税要件はいろいろあるのですが、それは次回のブログにてお話していきます。

リフォームの負担が軽くなる制度をちゃんと活用して、有意義なリフォームをして快適な生活をしていただきたいです。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.09.21 | 新着情報

住宅リフォームのメリット3

みなさんこんにちは。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『住宅リフォームのメリット』と題した、村瀬建築さんがおこなわれるリフォームやリノベーションに関するアレコレです。

もちろん、村瀬建築さんではお客様の要望をうかがい、お客様の期待に沿った新築住宅の施工もしておりますが、

今あるお家に補修や改修を施し、心機一転キレイにリフレッシュさせるリフォーム工事もしておりますのでそれらのお話をさせていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

住宅をリフォームするメリットのひとつとして、各種税金が軽減できるということが挙げられます。

リフォームにおける減税の優遇措置を受けられる種類として、

所得税、固定資産税、贈与税、登録免許税、不動産取得税があります。

今回は、その中でも所得税の減税についてご紹介していきます。

リフォームで利用できる所得税の減税制度として、以下のようなものがあります。

■住宅ローン減税

正式名称「住宅借入金等特別控除」とは、個人が住宅ローンを利用してマイホームの取得やリフォームをする際に、

一定要件のもと所得税からの控除が受けられる制度です。

■ローン型減税

リフォームローンの償還期間が5年以上の場合に適用できる制度です。

バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化(これらと併せて行う場合に耐震改修も利用可能)

といった一定の性能リフォーム工事で優遇税制があります。

■投資型減税

優良な家に対して所得税を減税するものです。

耐震改修・バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅化といった一定の性能リフォーム工事で優遇税制があります。

自己資金でリフォームした場合でも、ローンを組んでリフォームした場合でも利用は可能です。

これらはリフォームの負担が軽くなる制度ですので、ぜひとも上手に活用していただきたいです。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.09.14 | 新着情報

住宅リフォームのメリット2

みなさんこんにちは。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『住宅リフォームのメリット』と題した、村瀬建築さんがおこなわれるリフォームやリノベーションに関するアレコレです。

もちろん、村瀬建築さんではお客様の要望をうかがい、お客様の期待に沿った新築住宅の施工もしておりますが、

今あるお家に補修や改修を施し、心機一転キレイにリフレッシュさせるリフォーム工事もしておりますのでそれらのお話をさせていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

新築で住宅を建てるの対して、リフォームだからこそのメリットはいくつかあるのですが、

その中でも際立ったメリットとして、工事期間の短さが挙げられます。

当然、新築の場合は基礎工事から始めていかなければなりませんが、

リフォームの場合では基礎工事はもちろん、外装の施工もできている状態なので工事期間は短くて済みます。

そして、これもリフォームだからこそのメリットなのですが、仮住まいを見つけてそこに工事期間中に住む必要が無いのです。

リフォームは部分的に改修することが多いので、工事をしていてもその家に住み続けられます。

このメリットは意外に大きく、仮住まいに住むというのは精神的にも意外にストレスになりますし、

住み慣れない場所、寝なれない場所というのは体力的にも消耗していくことが多いです。

そして、仮住まいに住む必要がないということは必然的に引越しをする必要もないということになります。

引越しの作業というのはとても骨の折れる作業ですし、また、それに伴う出費というのもバカになりません。

これらの煩わしい作業をおこなわずして、お家を新築同様にできるというのはやはり、

リフォーム特有のメリットであると言えるでしょう。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.09.07 | 新着情報