注文住宅で押さえておきたいPOINT2

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

前回からこのブログで、注文住宅の初歩的なことから押さえておきたいポイントなどをお話させていただきます。

今回は、間取りについてお話させいていただきたいと思います。

 

注文住宅では、当然間取りもみなさんでご自由に設計することができます。

「間取りを考えるのは面倒だから建築屋さんに丸投げしてしまおう」と言う方もおられるとは思います、

まあ確かに、プロに設計してもらえばある程度間違いないものができるでしょうが、

せっかくの注文住宅なら、できるだけみなさんの理想を反映させた間取りにしていただきたいです。

間取りを考えるにあたりまず重要なのは、土地に対してどのように家を建てるかということです。

きちんと土地の環境、方角などを計算し光の入り方、風の通り方などを考えて設計しなくてはなりません。

光も入らない、風も通らないとなるとせっかくの注文住宅がなんだか地下室のようになってしまいますからね。

それから、防犯やプライバシー対策も非常に重要です。

いくら日当たりや風通しが良くても、公共の道に接している場所にリビングを作ってしまうと生活しづらいです。

お風呂場やトイレの位置決めもとても大切ですね。

また、生活動線のことも考えて設計しなくてはなりません。

美しさやデザイン性を高めて、自分の理想の家をつくるのも、それは一興ですが、

家はアートのように美しさを愛でる、楽しむものではなく、あくまでそこで生活するものですから、

実際に暮らしたときに毎日を快適に過ごせるかどうかも念頭にいれておく必要があります。

 

今回はこの辺で終わりにさせていただきます。

また次回、間取りのお話の続きをさせていただきたいと思います。

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

https://takai-laboratory.com/

2018.08.27 | 新着情報

2018.8.27 屋根外壁等リフォーム工事

村瀬建築の堀がご紹介します。
 
前回に続き関市のU様邸リフォームの様子をご紹介しましょう。
 
屋根の日本瓦と泥をそっくり下して代わりに洋瓦で葺き直した事は前回で紹介済みですね。
 
大変だったのは今年の異常ともいえる猛暑の中で工事を行った事です。
 
屋根瓦を取り換える工事なので雨が降る事が心配なんですが、そんな心配は無用の連日のかんかん照り(;^_^A
 
雲一つなしの上天気が続き順調に作業が進みましたが、それぞれの作業をされた職人さんは本当に大変だったと思います。
 
幸いにも皆さん暑さ対策に注意をして、熱中症にならずに工事を進められて本当に良かったです。
 
こう言う私も屋根の上で一日合板を張る作業をしたんですが、一時間ごとの水分補給と休憩を取らないと動けない状態でした。
 


完成

 


完成

 


完成

 
おかげさまで天気の心配はなく大勢の職人さんの協力でリフォーム工事は完成しました。
 
今回の工事で屋根が軽くなったので耐震性が上がりました。
 
屋根の断熱性も上がったので省エネにつながります。
 
 
暑い中頑張って事故もなく工事をして下さった皆様本当にありがとうございました。

2018.08.27 | 日記

注文住宅で押さえておきたいPOINT1

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

みなさんこんにちは!

さて、今回から村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが注文住宅のことについてです。

世の中のほとんどの人にとって、家を建てるということは人生において非常に大きなイベントですよね。

どうせなら、家を建てると言う一生に一度の買い物をこだわりぬいた満足のいくものにしたいですよね。

それならみなさんの夢やこだわりを大きく反映することができる、注文住宅の特徴を知っていただこうと思います。

このブログでは、注文住宅の初歩的なことから押さえておきたいポイントまで、お話させていただきます。

 

まずそもそも、超基本的なこと「注文住宅って何?」ということから。

注文住宅とは施工主が、自分の希望をいかして建築する新築住宅をさします。

間取りや仕様が決まっていたり、建築済みの分譲住宅に対し、オーダーメイドになるため間取りや外観・構造の設計が自由に行えます。

もちろん設備や材料も希望のものを採用することができます。

ただし、完成した住宅を見ることができないため、図面などを頼りに完成時を把握する必要があります。

まあ、分譲住宅や中古物件であっても、自分にとって満足のいく物件は見つかると思いますが、

注文住宅はオーダーメイドですので、夢やこだわり、希望、要望を現実の範囲内で自由に実現することができます。

注文住宅は普通の住宅よりも建設に時間がかかってしまうことが多いですが、

その分、自分の頭の中にある理想の家を現実にさせるわけですから、満足度の高い家づくりをすることができると思います。

今回はこの辺で終わりにしたいと思います。

また次回、注文住宅のこと、押さえておきたいポイントについてお話させていただきます。

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

https://takai-laboratory.com/

2018.08.20 | 新着情報

2018.8.6 屋根外壁等リフォーム工事

みなさんこんにちは!村瀬建築㈱の船戸です。
 
今回は屋根・外壁リフォーム工事について紹介します。
 
この工事では、主に屋根の下地を補修し新しい瓦を葺く工事と、
 
外壁の一部を新しくする工事を行います。
 
今現在の工事の状況をお伝えします。
 


施工前屋根状況

 


屋根下地完了

 


瓦葺き完了

 
今の瓦の葺き替え工事は泥を使わない為屋根自体が軽くなり、
 
家自体の重心が下がる為、耐震対策になります。
 


施工前外壁状況

 


板金工事

 
外壁が新しくなると気持ちがいいですね~
 
僕は、屋根の下地補修を行ったのですが
 
暑さにやられてフラフラでした(笑)
 
最近は35度以上の猛暑が続いていますので、
 
外に出る時は暑さをしのげる物とこまめな水分補給をして、
 
熱中症に気を付けましょう。

2018.08.06 | 日記