新築の注文住宅なら村瀬建築4

みなさんこんにちは。

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『新築の注文住宅なら村瀬建築におまかせ!』と題した、村瀬建築さんの家づくりについてのさまざまなお話です。

『城』などと形容されるように、自分の土地や住居を所有するマイホームに憧れは強いです。

『いつかはマイホームを、、、』と思い、粉骨砕身、骨身を惜しまず働かれている方も多いとおもいます。

なので、家づくりを失敗しないためにも今回から新築の注文住宅を建てるにあたっての重要なアレコレをお伝えし、

村瀬建築さんの地域のために働く工務店としてのこだわりや、安心安全なサービスをご紹介させていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

前回に引き続き、今回も注文住宅の魅力についてより掘り下げていこうと思います。

前回は、建築の過程を見られるというメリットの話をしましたが、もう一つ注文住宅だからこその圧倒的メリットが自由度の高さです。

自分たちがこれから先の人生を過ごす空間なわけですから、自分の意思を取り入れたものにしたいですよね。

その点で建売住宅は、住宅そのもののスタイル、枠取りが決まってしまっているものを売っているため、

あとあとから自分たち家族が住みよいように、改良を施そうとしてもなかなか難しいものです。

ですが注文住宅であれば、設計の段階から携わることができ、自分たちの好みを反映させられます。

お家を建てるお客様自身で多くの事柄を決定できるので、最高の住空間を実現することが可能なのです。

まず、思い通りの間取り・外観・形状・構造を予算が許す限り自由に決定することができますし、

そこに備え付けるキッチンやお風呂、トイレといった設備から、ドアのデザインや照明計画のようなものまで自由を利かせられます。

つまり、この世に二つとない自分たちのためだけのオンリーワンの住宅が完成するわけです。

また近年では、度重なる大型地震や発生が予測されているような地震に備えるべく耐震性の強い住宅が求められている傾向があります。

そういった願望にも注文住宅であれば、痒い所に手が届くといった具合の耐震設計をして不安を解消できます。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

2021.04.26 | 新着情報

ZEHについて

みなさん、こんにちは!市川です。
一昨年4月にもZEHについてご紹介いたしました。
昨年度の実績を公表する時期となっております。
令和2年度の実績をご報告致します。
まずは、ZEHとは何かというおさらいです。
 
ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略なんです。
 
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?
「住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅」のことを指します。
政府は「2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」としています。
※標準的な新築住宅とは、戸建て新築注文住宅の過半数を占める住宅のことです。
※新築住宅の平均とは、新築住宅のエネルギー産出量と消費量がプラスマイナスゼロになる状態の地域が日本全国平均的に分布することです。
 
<村瀬建築㈱ZEH普及実績>
2016年度(H28)・・・0%
2017年度(H29)・・・0%
2018年度(H30)・・・0%
2019年度(H31)・・・0%
2020年度(R2)・・・0%
 
改めて「ZEH(Nearly ZEHを含む)」の2025年度まで各年度の普及目標を以下のとおり設定し、
住まいのZEH標準化に向け取り組んでまいります。
 
<村瀬建築㈱ZEH普及目標>
2021年度(R3)・・・10%
2022年度(R4)・・・20%
2023年度(R5)・・・30%
2024年度(R6)・・・40%
2025年度(R7)・・・50%
 
ZEHの条件とは?
ZEHとはわかりやすく言うと、住宅で消費するエネルギーと、生み出すエネルギーの差が正味(ネット)でゼロとなる住宅のことです。ZEHの実現には以下の3つのポイントがあります。
・高い断熱性:躯体や窓の断熱性を上げることによりエネルギーの流出・流入を抑えます。
・設備の省エネルギー性:照明のLED化、高効率なエアコンや給湯設備を使い、エネルギーの消費を抑えます。
・創エネ:太陽光発電や蓄電システム等を用いてエネルギーを創ります。
 
ネット・ゼロエネルギー・ハウス(ZEH)支援事業とは?
ZEH支援事業とはZEHとなるような高品質な住宅に対して補助を行う事業です。
ZEHを満たすよう設計を行い、申請をすることで補助金を受けることができます。(予算の都合上、性能の良い順に申請が受諾されるため、ZEHの基準を満たして申請すれば必ず助成が受けられる仕組みとはなっていません)
ZEHの補助金を受けるには「ZEHビルダー」として登録された会社によって住宅が建設・販売されることが条件となっています。(詳細はこちらをご確認ください)
ZEH支援事業に興味のある方はぜひ当社までお問い合わせください。
 

 

2021.04.23 | 新着情報

完成見学会お越しいただきありがとうございました

こんにちは。施工部の越前谷です。
4月から入社しました!
よろしくお願いします。
 
私は物を造ることが好きで、プラモデルを造ったりしています。
村瀬建築(株)では、何事にも積極的に励み活躍していきたいと思います。
 
先日の完成見学会の天候は大雨の悪天候だったので、お客様はあまりいらっしゃらないかと思いましたが、予想に反して大勢の方が足を運んでくだっさったので嬉しかったです。
見学会を開いた「百楽の家」で自分が一番魅力を感じたのは、建具や家具など自社大工の手で造っているところです。
 

 
・クローゼット
 

 
・TVボード
 

 
・ダイニングテーブル
 

 
・脱衣棚
 

 
・洗面収納
 

 
・下駄箱
 

 
・TVニッチ
 

 
・食器棚
 

 
・ソファー
 

 
・中庭 入口
 

 
・玄関引戸
 

 
・間仕切
 

 
・寝室引戸
 
ほしいサイズぴったりの家具は、職人に頼まないとなかなか無いと思います。
きれいに納まっている家具はすっきりとした空間を造ります!

新築・増改築・省エネ・断熱・ZEH・バリアフリー・屋根・外壁塗替え・防水工事・リフォームなど住まいやアパート・ビル・マンションなどの建物に関するあらゆるご用命は村瀬建築㈱へ是非、お問合せください!

2021.04.20 | 新着情報

新築の注文住宅なら村瀬建築3

みなさんこんにちは。

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『新築の注文住宅なら村瀬建築におまかせ!』と題した、村瀬建築さんの家づくりについてのさまざまなお話です。

『城』などと形容されるように、自分の土地や住居を所有するマイホームに憧れは強いです。

『いつかはマイホームを、、、』と思い、粉骨砕身、骨身を惜しまず働かれている方も多いとおもいます。

なので、家づくりを失敗しないためにも今回から新築の注文住宅を建てるにあたっての重要なアレコレをお伝えし、

村瀬建築さんの地域のために働く工務店としてのこだわりや、安心安全なサービスをご紹介させていただきます。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

前回は注文住宅の軽い説明をしましたが、今回も注文住宅の魅力についてより掘り下げていこうと思います。

注文住宅だからこその魅力の一つに、作業中の建築現場の確認をすることができるという点があげられます。

注文住宅であれば、設計の段階からはもちろんのこと、お家が着実にできあがっていくその経過を実際に見ることが可能です。

前回もお話ししましたが建売住宅を購入した場合では、建物が今まさにできあがっていく経過を観察することはできません。

そしてこれはお客様と建築業者の両者にとってメリットがあり、信頼関係を強くする効果があります。

お客様からすればお家の構造部から建築の過程を見られるのは安心につながりますし、想像と実物の齟齬を減らすことができます。

建築業者からすればお客様の目に入るということで、必然的に(当たり前のことですが)適当な仕事はできませんので良い仕事につながります。

そんな単純な心理作用で仕事が良くなり、手抜き工事が減るものなのか?と思ってしまいますが、

実際の話、注文住宅は建売住宅と比べて、その作業が複雑でありながら欠陥住宅の発生率が圧倒的に少ないといわれているのです。

そのうえ、村瀬建築さんでは職人の大工仕事を大切にし、長年の間に培った知恵と経験を伝え残すことに力こぶを入れておりますので、

お客様の目があるなしにかかわらず、職人のプライドとして中途半端な仕事はまずありえないということです。

岐阜で新築注文住宅をお考えの方、納得のいく仕事を味わいたいのなら、ぜひ、村瀬建築さんにお声掛けしてください。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

2021.04.19 | 新着情報