新築かリフォームどちらがいいのか?5

みなさんこんにちは。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『新築かリフォームのどちらがいいのか?』と題した、村瀬建築さんの提供されている家づくりに関する総合的なお話です。

村瀬建築さんでは新築住宅はモチロンのこと、よりよい住環境をつくり出すリフォームやリノベーションもおこなっております。

なので今回、村瀬建築さんのこだわりやサービスを参照させていただきつつご紹介していき、

新築の良さ、リフォームの良さとはどういうものなのかということをこれからお話していきたいと思います。

今回は、新築住宅とリフォームの耐震についてお話していきたいと思います。

日本では、新築を建てる際に建築基準法により耐震基準というものが求められています。

地震大国と呼ばれている日本においては、地震というものはやむなく起きてしまうものだということを前提にしています。

つまり万が一、地震によって建物が大きな損傷を受け破壊されてしまったとしても、

その中にいる人々の安全だけは、損なわれないようにすることが求められているのです。

この耐震基準により新築住宅においては、現段階で最高峰の耐震設備を備えることが可能になるわけですが、

リフォームをするような年季の入った古いお家の場合、きちんと耐震診断をしておかないと心配です。

とくに、現在の耐震基準は1981年に制定されたものなので、1981年以前の旧耐震基準で建てられた物件に関しては必ず補強工事が必要です。

ですが耐震診断や補強工事となると、なんだか費用がかさんでしまうような気がしてしまいますね。

その点、村瀬建築さんでは地域社会の安全のためにも耐震工事には力こぶを入れており、

なんと無料で耐震診断をおこなってくれるそうです!ありがたい話ですよね。

また、自治体からの補助制度もありますので、それらをうまく活用するためにも、

新築住宅をお望みの方はモチロン、リフォームをご要望の方もぜひとも村瀬建築さんにご相談してください。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.12.07 | 新着情報