新築注文住宅の家づくりなら村瀬建築4

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『新築注文住宅の家づくりなら村瀬建築』と題した、村瀬建築さんの家づくりのアレコレについてのお話です。

今回から新築の注文住宅を建てるにあたっての村瀬建築さんのこだわりやサービスを、

ご紹介させていただきつつ、新築を建てる際に大切なことは何なのかを考えて行きたいと思います。

家を建てるという経験は人生で何度もできることではないと思うので、

ぜひとも適正な予算を組んで、家を建てていただきたいです。

そこでとても重要になってくるのが、家を建てるうえでの見積書です。

建築業者が、こちらが建築に詳しくない素人なのをいいことに、意味不明なところにお金を使っていたり、

よくわからない名目で料金を水増しされてはたまったものではありませんよね。

マイホームを持つという人生のビッグイベントにおいて、その建築業者さんを信頼できないのは困りものです。

そのためにも、不明瞭な点のない透明性の高い見積書というのが重要になってきます。

その点において、以前のブログでもかるくお話しましたが、

村瀬建築さんは業界でも珍しい“スケルトン方式の見積り”を採用しています。

この“スケルトン方式の見積り”は、村瀬建築さんのこだわりの一つとなっており、お客様に納得と満足をご提供されています。

一般的な建設会社の見積りでは、材料代などの原価と建設会社の利益を合計した金額を提示しますが、

“スケルトン方式の見積り”は、原価と利益をちゃんと分けて提示して

それも、一式単価ではなくて、1枚1丁の単価まで記載してくれます。

これによりお客様のメリットとして、工事にかかる費用が材料代なのか手間代なのか利益なのかがわかります。

また、利益が分かってしまうので、利益が必要以上にあると値引きの対象となります。

そして、原価を公開することにより金額に対しての不透明な部分がなくなるので信頼関係が築けます。

新築注文住宅を建てる上で、もっとも大切なポイントは信頼のできる建築業者さんを選ぶことだと思います。

村瀬建築さんのようなこだわりをもった建築業者さんを是非選んでいただきたいと思います。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

2020.02.17 | 新着情報