村瀬建築が教える! 木材の良さとは?3

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『村瀬建築が教える!木材の良さとは?』と題した、村瀬建築さんの木材を使った家づくりのアレコレについてのお話です。

木材は日々の慌ただしさの中で、ほっと一息つけるような居心地のいい住空間を作ってくれます。

なので、木造建築についてのいろいろな事柄を、村瀬建築さんのこだわりやサービスを参照させていただきつつ、

木材の良さとは、どういうものなのかということをご紹介していきます。

前回のブログでお話しましたが、木材はその軽さのわりには単位重量当たりの強度が高いので、

ほかの建築資材に比べ、軽い割には高強度であるという特徴があります。

となると、木造建築の場合では木材を使用して構造体をつくっていきますので、

ほかの建築資材での構造体よりも構造体自体が軽くなり、基礎工事にあまり手間がかかりません。

すなわち、その分の経費削減、費用の切り詰めが実現可能になるというわけです。

なおかつ、木材の利点としてほかの建築資材に比べ材料費そのものが安いというのが挙げられます。

それだけでなく機能面として、耐火処理や防錆処理、断熱性を高めるための工事というのも、

木材がもともと持っている性能を活かすことによって、ほかの建築資材に比べ比較的簡単に施すことができるのです。

つまり木材で家を建てると、構造体自体が軽いので基礎工事がしやすく、材料費も安く、

下処理も簡単にすむため、建築費用のコストが節約されるというわけなのです。

やはり、家を建てるというのは常識的に考えて決して安い買い物ではありませんので、

できる限り出費を抑えて建築をできる木材というのはありがたい存在です。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.06.01 | 新着情報