村瀬建築の家づくり2

みなさんこんにちは。

 

さて、今回、こちらの村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

『村瀬建築の家づくり』と題した、村瀬建築さんが建てられている新築住宅に関するアレコレです。

村瀬建築さんにご依頼すると、どのようにステキな住宅を建てることができるかなどをご紹介していきたいと思います。

全五回を予定しておりますので、最後までお付き合いよろしくお願いいたします。

こんかいは、ZEHについてのお話をしていきたいと思います。

村瀬建築さんでは、自然素材を用いて体にも心にも優しい健康的な家づくりを目標としております。

その観点から、家づくりにおいてZEH新築住宅を推進しています。

ZEH(ゼッチと読みます)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。

では、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスとは一体どのようなものか?

経済産業省自然エネルギー庁の説明によると、

「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、

室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、

年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」ということです。

夏場、冬場のエアコンなどによる冷暖房費は、家計において悩みの種になってしまうものです。

そこで住宅の断熱性を上げ、夏は涼しく冬は暖かい環境を作り出し、

省エネ性能を上げることによって、無駄なエネルギーの消費を軽減させたりするのです。

家庭の省エネを進めるうえで、避けては通れぬ暖冷房エネルギーを少なくするために、

住宅そのものを省エネ住宅にして、大きな効果を得るというわけです。

またそれだけではなく、太陽光発電などの自給自足によって生活に必要なエネルギーを、創りだすシステムを構築する。

そして、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量の方が多いという状況をつくる。

こういった住宅のことを総称してZEHと呼んでいます。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

2020.10.12 | 新着情報