機械の刃を交換しました。

施工部の越前谷です。
蒸し暑い日が続くようになりましたね。
体調を崩さないようお気を付けください。

6/25(金)・7/2(金)に、工場にある機械の刃の交換の仕方を説明してもらいました。
二日間に分けて、超仕上げ・自動鉋・手押し鉋のそれぞれの刃の交換を行いました。
堀さんから、刃の交換の仕方・調整の方法を教えていただきました。



超仕上げ
超仕上げとは、自動で木材の表面を削って仕上げるための機械です。
中に2つの刃が入っており、往復して木材の表面を仕上げます。



手押し鉋
手押し鉋は名前の通り、自分で材を動かしながら削る機械です。



作業風景
写真のように木材を動かしながら削っていきます。



自動鉋
自動鉋は木材を入れると自動で削ってくれる機械です。
手押し鉋とは違い、長い材も楽に削ることができます。
中には3枚の刃が入っていてその刃が回ることで木材を削ります。



作業風景
写真のように木材を入れることで、自動で前へ送ります。
そうすることで、木材の上端が削れます。
これらの機械の削り具合が悪くなったり、刃が欠けてしまって使えなくなってしまったときに刃の交換を行います。



超仕上げ 刃の交換



手押し鉋 刃の交換



自動鉋 刃の交換

交換した手押し鉋と自動鉋の刃は、研ぐことでまた使うことができるようになります。
道具を長く使うためには、定期的に手入れをすることがとても大事です。
自分たちで手入れをすることで道具に対しての愛着も湧いてきます。
自分の道具は長持ちさせたいものですね!

新築・増改築・省エネ・断熱・ZEH・バリアフリー・屋根・外壁塗替え・防水工事・リフォームなど、住まいやアパート・ビル・マンションなどの建物に関するあらゆるご用命は村瀬建築㈱へ是非、お問合せください!

2021.07.09 | 新着情報