快適な家づくりの条件とは?4

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社様のブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

 

さて、前回のブログは、

冬、暖房で暖められた熱の約半分(53パーセント)は、窓から失われ、

また、夏に室内にながれ込む熱の約七割(74パーセント)は、窓から入ってくるため、

部屋の居心地は窓の断熱化で変わると言うお話でした。

今回はその続きのお話をさせていただきたいと思います。

 

 

村瀬建築株式会社様が提供されているサービスのひとつ、

ZEH新築住宅ゼロエネルギーハウスにAPW 330という樹脂窓があります。

樹脂窓とは何でしょう?耳慣れない言葉ですよね。

樹脂窓とは、窓のフレームが樹脂でできている窓のことです。

断熱性、遮熱性、機密性に非常に優れている窓です。

 

高い冷暖房効率で光熱費を節約する樹脂窓は、

一度取り付けたらお金のかからないエアコンといえるでしょう。

 

また、村瀬建築株式会社様が提供されているこのAPW 330という樹脂窓は、

クレセントがなく防犯性も高くなっています。

クレセントとは何か?クレセントとはつまり鍵のことです。

一般的な引き違い窓には、召し合わせ部分に鍵がついていますよね。

あれがないのです。では、鍵はどこでかけるか?

鍵は引き手側についています。引き手と鍵が一体化したいわゆる戸先錠というものです。

このことによって、閉めるまたは開けるといった動作だけで、同時に施錠や解錠ができます。

もちろん、未施錠の場合は赤いラインが見えるため、きちんと閉まっているか目で確認できて安心です。

 

毎日使う窓だから使いやすさにこだわっているわけですね。

 

さて、ここまでは樹脂窓のそもそもの説明と、

APW 330のスタイリッシュで機能美あふれるデザインのお話でしたけど、

次回のブログでは、樹脂窓APW 330の高い断熱性能についてお話させていただきたいと思います。

 

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

 

 

ホームぺージ制作会社T-laboのご紹介

 

――岐阜市の徹明通に拠点に構えて活躍しているコンサルタントをおこなっております。

 

集客を向上させるのに必要な事、それはどれだけ信頼できる会社にコンサルティングを任せるかに抱えています。

 

アナタのWEB担当として、本当に効果の出る集客術を伝授いたします。

 

T-laboのホームページはこちらから

 

 

 

 

 

2018.06.13 | 新着情報,日記