2019.7.1 社員旅行

みなさんこんにちは、設計の平工です。
例年ならとっくに梅雨入りしている時期でしたがとっても天気が良くて色々な所を回ることができました。
 
行先は中国地方山口県の岩国と美弥です。
 
岩国は錦帯橋-吉香公園-旧目加田家住宅-岩国シロヘビの館-岩国城へ行きました。
錦帯橋は日本三大名橋のひとつで1673年に岩国藩主吉川広嘉によって造られました。
川幅約200メートルの河川内に4つの橋脚を持つ5連の木造橋で、中央3連がアーチ橋、両端が桁橋構造を持つ反橋となっています。
長さはアーチ橋が35.1メートル、桁橋は34.8メートルととても大きい橋が木造だなんて、先人達の知恵に驚かされます。
 


木造の見事な錦帯橋

  


錦帯橋の下からも見事な構造が見られます
錦帯橋を渡って吉香公園を通りロープウェイで岩国城へ行きました。

  


岩国城から観た錦帯橋や城下町

 
錦帯橋から岩国城への間に吉香公園があり、公園内にはいろいろな施設がありました。その中の一つが「旧目加田家住宅」です。
目加田家は、天正年間に吉川元春(きっかわもとはる)に召し抱えられ、その後、吉川家が岩国に移封された際に藩主広家に従い、この地に居を構えた家系です。
旧目加田家住宅は、18世紀中頃と見られる中級武家屋敷の数少ない遺構として、国の重要文化財に指定されています。
  


吉香公園内にある旧目加田家住宅

 
屋根の筋葺きは二種類の瓦を交互にする二平葺きで、重ね合わせの桟を両側に持つ特殊な形の桟瓦は、両袖瓦(りょうそでがわら)という岩国地方独特の地瓦です。別名、岩国瓦とも呼ばれています。
  


珍しい両袖瓦

 
美弥は特別天然記念物で秋吉台国定公園内にある秋芳洞へ行きました。
秋芳洞は日本ジオパークにも選定された貴重な洞窟で総延長10.3㎞にもなり日本第3位を誇ります。

  


入口にはとても神秘的なコバルトブルーの池がお出迎え

  


入口!いざ入らん!!

  


圧巻!百枚皿!

  


帰りの新幹線ホームでキティちゃん新幹線と遭遇しました❤

  
梅雨が終わると台風シーズンになってきます。
屋根から雨漏りがあるようでしたら点検しますのでお気軽にお声掛けください。
 
新築・断熱リフォーム・省エネリフォーム・耐震リフォーム・リノベーションなら村瀬建築株式会社で!!!

2019.07.02 | 新着情報

20代の家族にお勧めな家づくり4

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回から村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

20代の家族にお勧めな家づくりについてのアレコレさまざまなことです。

20代で結婚をされていて、小さなお子さんもいるような方で、

いつかは念願のマイホームを手にしたいとお思いの方は多くいらっしゃると思います。

そんな方々に、20代での家づくりの提案をしていきたいと思っております。

家を建てると言うと、よく一生に一度の買い物なんて言い方をしますが、

やはり、家を建てるという経験は人生で何度もできることではないと思うので、

適正な予算を組んで、家を建てていただきたいです。

一般的には、年収の約3倍ほどの金額で住宅ローンを組むのが基本であると言われています。

それからもしも現在、賃貸のマンションなどにお住まいの方であれば、

今のお住まいの家賃より少ない返済額で設定し、ローンを組むと良いとされています。

そして、適正な予算を組んで家を建てるために重要になってくる、、、というよりも、

いい家を建てるにあたって何よりも重要になってくるのが、建築会社選びです。

一世一代のイベントを託し、安心して任せるためには、

その建築会社が全幅の信頼をおけるような建築会社でなくてはいけません。

予算の面で言えば、不明瞭な点のない透明性の高い見積り書を出してくれる会社です。

その点、村瀬建築さんは業界でも珍しい“スケルトン方式の見積り”を採用しています。

一般的な建設会社の見積りでは、材料代などの原価と建設会社の利益を合計した金額を提示しますが、

“スケルトン方式の見積り”は、原価と利益をちゃんと分けて提示して

それも、一式単価ではなくて、1枚1丁の単価まで記載してくれます。

この“スケルトン方式の見積り”は、村瀬建築さんのこだわりの一つとなっており、

お客様に納得と満足をご提供されています。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.07.01 | 新着情報

20代の家族にお勧めな家づくり3

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回から村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

20代の家族にお勧めな家づくりについてのアレコレさまざまなことです。

20代で結婚をされていて、小さなお子さんもいるような方で、

いつかは念願のマイホームを手にしたいとお思いの方は多くいらっしゃると思います。

そんな方々に、20代での家づくりの提案をしていきたいと思っております。

今回は、前回に引き続き団体信用生命保険のお話をしていきたいと思います。

ご存知の方も多いと思いますが、民間の金融機関で住宅ローンを利用する際には、義務のようなもので、

住宅ローン契約者は、必ず団体信用生命保険へ加入しなくてはなりません。

団体信用生命保険とは、通称として団信とも呼ばれている住宅ローン専用の保険のことです。

万が一、住宅ローン契約者がアクシデントや不幸に見舞われ、

お亡くなりになったり、高度障害を負ってしまった場合、

必然的にその家庭に入ってくる収入が激減してしまいます。

たとえ、一般の生命保険に加入していたとしても、受け取った保険金は、

家族を養うための生活費に回さざるを得なくなってしまい、ローン返済がきつくなってしまいますし、

もしも、契約者が一家の大黒柱だったとしたら、そのマイホームに住み続けるのは難しくなってしまいます。

そんなときのためにあるのが、団体信用生命保険なのです。

団体信用生命保険に加入していれば、生命保険会社から支払われる団信の保険金によって、

住宅ローンの残りの債務が弁済されます。

そうなると、不幸にも残されてしまったご家族に住宅ローンが残ることがありませんので、

思い出のマイホームに安心して住み続けることができ、日常生活にも圧迫がないのです。

このように、自分の身に何かがあっても、大切な家族が生活に困らずに済む保険制度があるのも、

20代でマイホームを建てる計画の、心強い手助けになっているのかもしれません。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.06.25 | 新着情報

20代の家族にお勧めな家づくり2

みなさんこんにちは。

 

村瀬建築株式会社さんのブログを書かせていただいております、岐阜県岐阜市のコンサルティング会社T-laboです。

 

さて、今回から村瀬建築さんのブログでお話させていただきたいのが、

20代の家族にお勧めな家づくりについてのアレコレさまざまなことです。

20代で結婚をされていて、小さなお子さんもいるような方で、

いつかは念願のマイホームを手にしたいとお思いの方は多くいらっしゃると思います。

そんな方々に、20代での家づくりの提案をしていきたいと思っております。

家を建てる際には、まずほとんどの人が住宅ローンを利用すると思います。

住宅金融支援機構が行っている、民間住宅ローン利用者の実態調査によりますと、

家を建てる際に住宅ローンを利用した人を年代別に分けた結果、

一番多いのは30代でおよそ5割、次に多いのが40代でおよそ3割、そして20代は、およそ1割ということだそうです。

やはり、住宅ローン利用者のほとんどが30代40代で、20代は圧倒的に少ないですね。

しかし、これは前回のブログでも申し上げましたが、

賃貸住宅に住み毎月いくら家賃を払い続けても、その家は自分の資産にはなりませんが、

住宅ローンの場合は、完済すれば住宅はあなたやあなたの家族の資産になるので、

一歩二歩先ではなく、遥か先のことを考えると、やはり早くから家を建ててしまったほうが有利に思えます。

しかし、あまり若いうちからローンを組んでしまうと自分に万が一のアクシデントや不幸があった場合、

ローンが重荷になってしまい、残された家族があまりにも不憫だと考えている方もいらっしゃるかと思います。

ですが、団体信用生命保険というものがあり、ご存知の方も多いと思いますが、

民間の金融機関で住宅ローンを利用する際には、義務のようなもので、

必ず住宅ローン契約者は団体信用生命保険へ加入しなくてはなりません。

つまり、団体信用生命保険へ加入しなければ住宅ローンは組めないということです。

団体信用生命保険の詳しいお話は、次回のブログでします。

 

今回は、この辺で。また次回に続きます。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

――最後にブログ制作者をご紹介させていただきます。

 

村瀬建築株式会社さんのブログってどんな会社が書いているの?

岐阜県岐阜市で活動するホームぺージ制作会社T-laboです。

会社の売り上げをもっと向上させたい方に、“ほんとうの売り上げをあげる秘訣を教えている”のが私たちT-laboです。

ホームぺージ制作はもちろんのこと、広報企画や保守メンテナンス、SEO対策・アナリティクスを使ったセッション率・直帰率・ユーザー行動等を調べたアクセス解析等もおこなっています。

T-laboについて知りたい方は以下をクリックしてください。

ホームぺージ制作会社T-laboはこちら!

http://takai-laboratory.com/

2019.06.17 | 新着情報